Yoga

気づきと成長の為にヨーガを取り入れ、幸せのご褒美を

一般的に様々なポーズを、呼吸にあわせてとることをヨガと言われていますが、ライフスタイル、その態度の生き方もヨーガとも言われます。
(ここでは体を扱ったものをヨガ、ライフスタイルのことをヨーガと書いています)
そして、いろいろな名前のヨガがありますが、身体を扱ったヨガはハタヨーガと言われます。
「ハ」が太陽、「タ」が月というように全てには対極である陰陽のバランスを意味するとも言われています。
身体のエネルギーをコントロールしていき、相反するエネルギーを合わせるとも言われています。
ただ、いろいろな説明や実践法などは、古典ヨーガでも順序も様々で、そこから現代ヨーガへと変化していき、
現在も様々なヨガといわれる形態が今のヨガという捉え方ですよね。
では、身体を扱ったヨガやライフスタイルとしてヨーガとは何でしょうか。
そして何の為にするのでしょうか。そんな疑問はありませんか?
身体を扱ったヨガやライフスタイルのヨーガも、目的は、幸せになるということですよね。
その幸せとはどのようなことを幸せというのでしょうか。
人の数ほどの願望がありますが、何かを手に入れたから幸せというのは、一時的なものでそれは永遠ではないです。
唯一誰もが共通の願いは何も変わらない幸せですよね。
その幸せとは何で、何の為に体を扱ったヨガやライフスタイルのヨーガをが役立つのか、目的がはっきりしてないと無意味になりますよね。
そもそも「幸せ」とか「解放」とか大まかに捉えた説明がゆえに、
それぞれの価値観での「幸せ、解放、自由」になっていて目的も、
それぞれになってしまうのも当然ですよね。永遠ではないことは確かです。
その幸せの為には、ヨガもヨーガも、まず気づきは最初に大切ですし、そこに気づけないと始まりませんよね。
そこに何かしらの疑問があるからこそ気づけて、考えに何かしらの変化、見極めが起こります。
気づかない限り修正は始まらないですから、まずは気づきではないでしょうか。
そして、そこからマインドの成長がないと幸せの捉え方も様々となってしまいます。
マインドの成長とは、普段の生活(今の仕事や、家庭に子育てなど)をしながら、
ヨーガというライフスタイルをなるべく心がけていくことで成長させてくれます。
自分の都合の良い勝手な解釈ではなく、今その時での役割の立場で考え、すべきことをしていくことが大切となります。
そこに勘違いがとても多いと思います。私もそうでした。
ヨガでは、体と精神的なものや感情はつながっているので、呼吸をコントロールしながら体を動かすことで、精神面は落ち着き、集中力も高まりますし、
体に活力などの恩恵も与えてくれる素晴らしいものです。
ただ、その実践法を続けていても人としての成長、マインドの成長はできるのかというと疑問に思います。
マインドの成長にはヨーガというライフスタイルが大切となります。
そのライフスタイルのヨーガには、身体を扱ったヨガを実践していようがいまいが関係なく、誰もが始められるものです。
そこを分けて捉えないと混乱してしまうのも当然ですね。
成長の為に、身体を扱ったヨガで、ライフスタイルとしてのヨーガの教えている聖典なのど文献を理解していく為の身体を作り、
ライフスタイルでのヨーガで、マインドを育てていき、そして誰もが求める幸せの意味を知っていく為の準備が整います。
幸せとは、何かを手に入れることでの一時的な満足ではなく、ただ知ること。
何も変わらないものの真実を知ることで得られる幸せを教えているのが、ヴェーダーンタ、ウパニシャッドとも言われる聖典で、
その教えに耳を傾ける準備として精神的な成長の為にヨーガという道具があります。
身体を扱ったヨガで習慣化された動きに気づき、成長を促す為のヨーガでマインドの習慣化に気づき、
そして人として成長させて、本当の幸せを一緒に気づいていきませんか?

心身の気づきから始まる

自分の体の習慣化されたクセに気づいていますか?
ずっと練習してきて、痛みや違和感などでていませんか?
どこを使って動かしたら安定したものになるのか気づけていますか?

まず自分の体の習慣化されてしまっている動かし方や、骨格の個性に気づかないと、安全ではなくなりますよね。

今まで無理矢理ポーズを深めることを続けてきた結果、痛みや違和感がでてきたりしていませんか?
アーサナ(ポーズ)に体を無理矢理合わせてきたからだと思います。

ただ、どのように動かすのかがわからないと、やはりアーサナ(ポーズ)に合わせてしまいますよね。

それを続けてきた結果、ケガや違和感に繋がってしまったのかもしれませんね。

そもそも、骨格は人それぞれなのですから、無理なことも出てくるわけで、無理なものを無理矢理頑張るのですから当たり前です。
そして、苦手なポーズと思っているからあえて避けてしまうとか、心地良いこと、得意なことをついつい一生懸命練習してしまうとかもあります。
いわゆる感情での実践になってますよね、それはコントロールできているのでしょうか。
自分の動きのクセや、苦手意識などに気づくことは客観的に見ていけることですので、実践法も何をすれば良いかわかってきます。

気づきがあるから、感情や呼吸のコントロールの練習ができます。
そして、客観性も養われていきます。

動かしている自分と、体験している自分、それを扱っているのも自分なので、その扱う側の自分で自身の身体を捉えることが、客観的に見ているということなので、今までの使い方のクセを修正していけるし、感情にも左右されない練習をしていけます。

いろんなアーサナ(ポーズ)ができるようになるのではなくて、自分の体にアーサナ(ポーズ)を合わせ、動きの原則に沿って無理のない動きをしていくことが大切です。
その動きは安定したものでなくてはいけませんよね。
そして、最小限のパワーで効率よく動かし、無駄に疲れてしまわないような動きでなくてはいけないです。

安定しているからこそ、力強さの中にも心地良さを常に体感でき、呼吸や感情などをコントロールが出来ることで、柔軟で安定した体とマインドに気づけるのではないでしょうか。

心地良く安定した動きでいつまでも健やかに過ごせますよう目指しませんか?

身体もマインドも気づきから始まり、コントロールしていくことの練習は、今度はマインドを客観的に見る練習にも役立つのではないでしょうか。

マインドを成長させる為の準備として身体を作り、人としての成長を促す為のライフスタイルをし、幸せとはどういうことなのかの意味を知るきっかけにしませんか?

マインドの成長のために

人としての成長とはどのような事なのでしょうか?
身体を作っていても、マインドの成長となりませんよね。
マインドの成長には行いを通して育てていくことが必要で、じゃあその行いは何をすれば良いかというと、ダルマとはどういう事なのかを知る必要があります。
ダルマは調和ともいうし、秩序、世界のあり方の法則です。ありとあらゆるものがダルマの法則であり、その法則によって私達は生かされているので、その事実、あるがままをみていくということなので、そこに気づいていく必要があります。
そして、それにはヨーガというライフスタイル、カルマヨーガ(行いの態度)の理解が大切です。
そもそもヨーガのライフスタイルとはどういう事で、体を使ったヨガとは何が違うのかを知らないと、考えがごちゃごちゃになり、不思議な世界にさまよってしまったり、そこに癒しを求めてしまいませんか?
人間には自由意志で選択できるので、何を選択するかは自由ですが、自分の感情や好き嫌いで選択することも自由ですし、ダルマな行いの態度を選択するのも自由です。
ただ、自分の事だけを考えるのは人間の特徴ですが、自分のことだけというのは、自分は満足かもしれませんが、周りや世界はどうなるでしょうか。
ダルマに反した行いは、遅かれ早かれ必ず自分を含め何かしらの相応の結果は返ってきますので、嫌なことが降りかかっても当たり前の事ですよね。自分で選択したのですから。
それもカルマやダルマの法則として、返ってきただけということになります。
そこに気づくことは難しいかもしれませんが、実は何となくわかっているのではないでしょうか。
その時のその場での役割(仕事、家庭、子育てなど)でするべき事、すべきでない事はおのず決まっているので、あれが嫌とか、これをしたいから、そっちを優先してしまうでは役割ではなくなりますよね。
感情や欲望はあると思いますが、ただ自分の想いや感情で選択するのではなく、それぞれの役割でのしなくてはいけない事をして、時には、嫌だと思うことも選択しなくてはいけないかもしれません。
そうすることで、思いやりを持って周りに気を配えるようになり、困ってる人に対して手助けができていけるようになることが成長ですよね。
その成長したマインドに幸せとはどのような意味なのかを理解できる準備が出来ます。
誰もが求めているものは一つで、幸せですよね。財産や名声、地位も大切です。ある程度は必要です。
ただゴールはそこではなく、それは行いによって得られた結果で、そのように与えられたのですから、消費活動だけではなく、社会人として生産活動をしていけるチャンスも与えられています。
今度はそれをどのように社会や周りに貢献していけるかが、与えられた使い方ですよね。せっかく体をもって生まれてきたのですし。
何をしても何かを手に入れても満たされない思いは常にあり、そこのサイクル、制限からの自由が幸せということですが、その捉え方は今までの自分の価値観では知りえません。そこには伝統的な方法論で教えてくださる先生が重要です。
それは自分の価値観で理解してしまわないようにです。
つまり、人間が追い求めるもの、人間の根本的な問題の解決からの自由とはどういうことなのかを教えています。
そして、ダルマと調和した行いを通して、マインドを成長させてくれる行い方をヴェーダーンタではヨーガと言われます。
幸せの為にマインドの成長を促し、このチャンスを実践しませんか?

PAGE TOP