Yoga

自分自身の幸せの為にヨーガを始めませんか?

一般的にヨーガは、様々なクラスで行われている呼吸にあわせてポーズを取ったり、呼吸法や瞑想、浄化法などが体を扱ったものがヨーガだと捉えられていて、その身体を扱ったものをハタヨーガと言われています。
「ハ」が太陽、「タ」が月というように全てには対極である陰陽のバランスを意味していて、身体のエネルギーをコントロールし、
相反するエネルギーを合わせるとも言われています。
そして、古典ヨーガから現代ヨーガなど形態は様々です。
そして、身体を扱ったヨーガと違い、人としての成長を育ててくれる行い方、ライフスタイルのこともヨーガと言われます。
いろいろな説明や実践法などがあり、何が目的なのか迷うことも多いと思いますが、身体を扱ったヨーガやライフスタイルとしてヨーガとは何が違うのでしょうか。
そして何の為にするのでしょうか。
身体を扱ったヨガやライフスタイルのヨーガも、目的は幸せですよね。
では、その幸せとはどのようなことを幸せというのでしょうか?
何かを手に入れたら幸せなのでしょうか?ステイタスが幸せでしょうか?
そして、それは一時的なものであって、永遠の幸せではないことになりませんか?
ということは、幸せって何も変わらないこと、常に満ちたものということになります。
誰もが幸せであることを知る為には、身体を扱ったヨーガで、心地良く座るということの準備をし、普段の生活をヨーガとし心を成長させてくらるヨーガを取り入れて、混乱している身体や心と向き合い、気づいて見極め、より快適に活用していきませんか?

身体の気づきと心の気づき

体を動かすアーサナヨガでは、様々なポーズがありその動きは特殊です。
ポーズをとるにしても、どのように動かしていくのかわからないと、ポーズに自分の体を合わせてしまったやり方をします。
顔の個性と同じで骨格も、人それぞれであり、皆同じように動かせるはずではないですよね。
いきなり完成されたポーズを何となくとっていたら、どこかに何かしらの負担がかかるのは当然の事です。
それを続けてきたから、無理矢理動かしているのですから結果として、痛みや違和感がでてきた経験はありませんか?
ただ、どのようにポーズをとって良いのか分からないので、自分の動かせるやり方でポーズをとるのも当然かもしれません。
自分の体の個性にポーズを合わせた動きでないと、心地良さなどはないですし、呼吸も乱れてしまいます。
自分の今までの動きで心地良さはありましたか?
その結果、自分の動かし方が習慣化されてしまい、左右前後バランスには気づいていけないかもしれません。無意識に動いてしまいますから。
そこの気づきは大切で、気づきがなければ修正も始まらないです。
体を無理に動かしていないか、感情に左右されていないか、自分の身体に起こっていることにも気づいていけるような実践でなくては、ただポーズをとっているだけになってしまいます。
ただポーズをとるなら、ヨガでなくても良いのではないですか?
そこを気づけるような環境での実践が必要となってくると思います。
アーサナはどのポーズであっても安全で安定した土台ができていて、心地良さが得られなくてはいけないですよね。
アーサナとしっかり向き合うことは、自分を客観的に見れることにもなりますから、その練習は感情や感覚器官なども、客観的にみていく練習にもなります。

自分の身体と向き合い、安定した心地良い動きとなるように体験できるようなクラスを、ヤンララでは気を付けています。

心地良いアーサナの実践を一緒に目指していきませんか?

ライフスタイルとしてのヨーガは、体を動かすヨガと違って、普段の生活(今の仕事や、家庭に子育てなど)を通して、精神的成長のためにあります。
普段の生活をどのような態度でお子にをするかであり、その行いがヨーガということになります。
行いにはどんな行いであれ、必ず結果が返ってくると言われています。
ということは、より良い選択をした方が当然、結果もおのずと心地良い結果です。
では、どのようにその選択をするかということになります。
そこには「ダルマ」は大切で、ダルマは世の中の秩序、法則であり、あるべきことがあるべきであるということ。
人間には選択する自由意志が与えられているのですから、どのように選択するかも自由ですが、結果もそれ相応ということです。
ですので、よりダルマな選択をした生活を心がけること、好きな事をすることがヨーガではないのは確かで、自分の都合の良い解釈ではなく、その時の適切な立場で考え、適切な時に適切なことをすることを考えながら、日々過ごしていけると良いですよね。
自分以外の周りの事、環境だったり自然や動植物と関わって生きているのですから、貢献するという捉え方は重要です。
周りを思いやれるには、心の成長が大切となり、その成長を促してくれるのが、カルマヨーガという行いのヨーガです。
ライフスタイルとしてのヨーガで心の成長を育てていくからこそ、
自分の心身のバランスだけでなく、自分以外の周りとの関わりも変わっていきます。
何かが変わるのではなく、自分の価値観が変わるので、関わりや物事の捉え方が変化するということです。
身体を扱ったヨガで心身を作り、ライフスタイルとしてヨーガを取り入れ、心を成長させることで、幸せとはどのようなことなのかを知る準備をしていきませんか?
そして幸せとは、何かを手に入れることでの一時的な満足ではなく、ただ知ること。それを教えているのが、ヴェーダーンタという教えで、その教えに耳を傾ける準備として、精神的な成長の為に、ヨーガという道具があります。

気づきから始まる

●ポーズをとる時に自分の体のバランスや動かし方が安定してないと感じていますか?
●ずっと練習してきて、何か違和感や痛みを感じたことありませんか?
●安定したポーズで、心地良さは常にありますか?

まず自分の体の習慣化されてしまっている動かし方や、自分の骨格など個性に気づかず、ひたすら実践していても、安定したものは得られないです。
今まで無理矢理ポーズを深めることを続けてきた結果、痛みや違和感がでてきたりしていませんか?
アーサナ(ポーズ)に無理矢理、体を合わせてきたからではないでしょうか。
それを続けてきた結果、ケガや違和感に繋がってしまったのかもしれません。
ヤンララでは、身体と向き合い集中し、安全で安定した心地良さを体験していけるようなクラスを目指しています。
クラスには、インストラクターさんも多数いらしてます。
【このような方におすすめ】
〇アーサナヨガをもっと知りたい。
〇自分の身体に合わせた動かし方をしたい。
〇パワーを必要とするアーサナでも心地良く練習したい。
〇ヨーガに興味があり、本格的に知りたい。

気づくことからの変化

●ヨーガは身体を動かすことだと思っていませんでしたか?
●都会の謙遜から離れて、静かに生活することと思っていませんか?
●人としての成長とはどのような事なのでしょうか?

精神的な成長は、思いやりや全てにおいて気配りができ、困っている人に手を差し伸べられる人ですよね。自分の事だけを考えるのは人間の特徴でもあるけど、好き嫌いでの行いは成長とは言えないかもしれません。人としての成長は特別な何かをするのではなく、普段の生活や行い、その時のその場での役割(仕事、家庭、子育てなど)でするべき事し、何かを選択する時は、よりダルマに沿った行いを考えて見極め、選択していくことがヨーガでもあり、それが心の成長を育ててくれます。地位や財産などは「私の」ではなく与えられたものという見方で、その与えられたものを今度は、どのように社会や周りに貢献していけるかが与えられたことの使い方でありたいです。成長していくチャンスをもって生まれてきたのですから。幸せのためのステップ、知るための準備としてのヨーガは、どなたでもいつからでも知れますし始められます。
ヤンララでは、伝統的な方法論を大切にされている先生から、サンスクリット語やチャンティング、また月1回のサットサンガ(勉強会)を開催し、自己成長の意味や祈りなどの理解が少しでも深まり、幸せへと繋がりますよう目指しています。

PAGE TOP