Yoga

自分自身の幸せの為にヨーガを始めませんか?

一般的に様々なポーズを、呼吸にあわせてとることをヨーガと言われていますが、ライフスタイル、その態度の生き方もヨーガとも言われます。
そして、古典ヨーガから現代ヨーガなど様々な形態がありますが、
身体を扱ったものをハタヨーガと言われます。
「ハ」が太陽、「タ」が月というように全てには対極である陰陽のバランスを意味していて、身体のエネルギーをコントロールし、
相反するエネルギーを合わせるとも言われています。
ただ、いろいろな説明や実践法など様々ですので、迷うことも多いと思います。
では、身体を扱ったヨガやライフスタイルとしてヨーガとは何でしょうか。
そして何の為にするのでしょうか。そんな疑問はありませんか?
身体を扱ったヨガやライフスタイルのヨーガも、目的は幸せですよね。
では、その幸せとはどのようなことを幸せというのでしょうか?
何かを手に入れたら幸せなのでしょうか?ステイタスが幸せでしょうか?
そして、それは一時的なものであって、永遠の幸せではないことになりませんか?
ということは、幸せって何も変わらないこと、常に満ちたりていると捉えられるかどうかとなりますよね。
それには、なぜ体を扱ったヨガやライフスタイルのヨーガが役立つのか、なぜヨーガが良いのか疑問に思ったことないですか?
そこには何かしらの、まず気づきはとても大切です。
気づきがないと何も変わりませんよね。
気づきがあるから疑問が起こり、それを知りたいとなりますよね。

体を動かすアーサナヨガではいろいろなポーズがありますが、その動きは特殊です。
ポーズをとるにしても、今までの自分なりの動かし方を続けてきて、
何かしらの負担がかかっていたから、結果として痛みや違和感が起きてきてる経験はありませんか?
体の動かし方に気づかないと安定しませんし、修正も始まらないですよね。
無理に動かしていないか、感情に左右されていないか、自分の身体に起こっていることにも気づいていける習慣の練習になり、それを続けていくことで、
客観性や忍耐力なども養われていけるようになります。

そして、ライフスタイルとしてのヨーガとは、体を動かすヨガと違って、普段の行い方の事です。
人としての成長は、普段の生活(今の仕事や、家庭に子育てなど)を通して育てていけるものなので、行いです。
その行いがヨーガということになります。
行いにはどんな行いであれ、必ず結果が返ってくると言われています。どのような結果であれ、結果というのは与えられたものであり、それは公平です。その事実を受け入れないといけないですよね。
では、どのように行うかというとカルマヨーガの捉え方と態度が大切になり、それが私達の成長を促してくれます。
好きな事をすることがヨーガではないのは確かで、
自分の都合の良い解釈ではなく、その時の適切な立場で考え、適切な時に適切なことをすることを考えながら、日々過ごしていけると良いですよね。
とてもシンプルな事ですし、どなたでもいつからでもヨーガは始められると思いませんか?
ライフスタイルとしてのヨーガで心の成長を育てていくからこそ、
自分の心身のバランスだけでなく、自分以外に対しての思いやれるようになっていけます。
そのバランスがないと、幸せの捉え方は主観的になってしまいますよね。
身体を扱ったヨガで心身を作りながら、
ライフスタイルとしてヨーガを取り入れ、心を成長させることで、
幸せとはどのようなことなのかを知る準備ができます。
そして幸せとは、何かを手に入れることでの一時的な満足ではなく、ただ知ること。
それを教えているのが、ヴェーダーンタという教えで、その教えに耳を傾ける準備として、精神的な成長の為に、ヨーガという道具があります。
気づきと、人として成長、そしてだれもが求める本当の幸せの意味を知り、豊かで輝いていることに一緒に気づいていきませんか?

気づきから始まる

【ヤンララヨガ(アーサナヨガ)の特徴】
●ポーズをとる時に自分の体のバランスや動かし方が安定してないと感じていますか?
●ずっと練習してきて、何か違和感や痛みを感じたことありませんか?
●安定したポーズで、心地良さは常にありますか?

まず自分の体の習慣化されてしまっている動かし方や、自分の骨格など個性に気づかず、ひたすら実践していても、安定したものは得られないです。
今まで無理矢理ポーズを深めることを続けてきた結果、痛みや違和感がでてきたりしていませんか?実際、私はそうでした(その頃は、ひたすら練習あるのみと言われてきましたから)。

アーサナ(ポーズ)に無理矢理、体を合わせてきたからではないでしょうか。
ただ、どのように動かすのかがわからないと、やはりアーサナ(ポーズ)に合わせてしまいますよね。

それを続けてきた結果、ケガや違和感に繋がってしまったのかもしれません。
骨格は人それぞれですから、無理なものを頑張るのですから、違和感がでて当たり前です。

その自分自身の体の特徴や動かし方の習慣に、気づくことは大切となります。
それと、感情部分でも、苦手なポーズはあえて避けてしまい、心地良いこと、得意なことをついつい一生懸命練習してしまうことも多いと思います。自分のやりやすいアーサナは心地良いですから、しょうがないですよね。

それが感情での実践にならないよう、体だけでなく、そこの感情にも気付いていかないと、コントロールすることの練習にはならないかもしれません。
いわゆる好きな事しかしないということは、嫌なものは避けるというクセになり、知らず知らずに日常の生活にも関わってきてませんか?

そこに気づいていければ、自分の動きのクセや、苦手意識な感情を客観的に見ていけることの練習にもなります。
気づくことで、体の動かし方は修正され、自分自身を、客観的に捉えることや、忍耐力、強さや柔軟な対応が養われていきます。

動かしている自分と、体験している自分、それを扱っているのも自分なので、その扱う側の自分で、自身の身体を捉える練習を重ねていくことで、今までの使い方のクセに気づき、感情にも左右されていることにみ気づけるので、楽しんで実践していけるようになります。

自分の体にアーサナ(ポーズ)を合わせ、動きの原則に沿って無理のない動きをしていくことは、安全で安定したポーズをとっていけるようになるということですよね。

その動きは最小限のパワーで効率よく動かし、無駄に疲れないようにしたいです。
その安定したポーズは、力強さの中にも心地良さを常に体感でき、動かすことに集中していけます。
ヤンララのクラスでは、安定した動きで、心地良く楽しめるよう心掛けています。

【このような方におすすめ】
〇アーサナヨガをもっと知りたい。
〇自分の身体に合わせた動かし方をしたい。
〇パワーを必要とするアーサナでも心地良く練習したい。
〇ヨーガに興味があり、本格的に知りたい。
クラスには、インストラクターさんも多数いらしてます。

心の成長で豊かに

【成長の為のヨーガ】
●ヨーガは身体を動かすことだと思っていませんでしたか?
●都会の謙遜から離れて、静かに生活することと思っていませんか?
●ヨーガというのは何をもってヨーガなのかよくわからないと思いませんか?

ライフスタイルとしてのヨーガってどのような生活なのでしょうか?
ヨーガというライフスタイルは、私達が成長していく為の道具となります。
では人としての成長とはどのような事なのでしょうか?
簡単に言うと、精神的な成長は、思いやりや全てにおいて気配りができ、困っている人に手を差し伸べられる人ですよね。
ただ、やはり自分優先になったり、自分の価値観で物事を捉えたりしてしまいます。
人としての成長は特別な何かをするのではなく、普段の生活や行い、その時のその場での役割(仕事、家庭、子育てなど)でするべき事し、何かを選択する時は、よりダルマに沿った行いを見極めて、選択していくことが大切でもあり、私達の成長を育ててくれます。
ダルマとは調和ともいうし、秩序、世界のあり方の法則と言われています。
ありとあらゆるものが法則であり、その法則によって、自然や動植物と関わりながら生かされています。そのように考えると、なるべくダルマに沿った行いを選択することが良いのですが、つい自分の好き嫌いで行いや選択をしてしまいますよね。
自分の事だけを考えるのは人間の特徴でもあるけど、そのような選択をした場合、自分は満足かもしれませんが、周りや世界に対しては、どうなるでしょうか?
好き嫌いでの行いは成長とは言えないかもしれません。幸せの意味が違ってきます。
行いを通して、心を成長させてくれる行い方をヴェーダーンタではヨーガと言います。ライフスタイルとしてのヨーガです。
そのヴェーダーンタは、誰もが求めているものは一つで、幸せを教えています。
財産や名声、地位得を得ることが幸せと思っていたけど、永遠の幸せではないと気づき始めているのではないでしょうか。ある程度は必要だと思いますが。
ただゴールはそこではなく、それは与えられたものという捉え方が大切になりませんか?
「自分の~」から「自分に~」その与えられたものを、今度はどのように、社会や周りに貢献していけるかが与えられたことの使い方でありたいです。せっかく体をもって生まれてきたのですから。
何をしても何かを手に入れても満たされない思いは常にあり、そこのサイクル、制限からの自由が幸せということですが、その捉え方は今までの自分の価値観では知りえません。そこには伝統的な方法論の大切さを学ばれた先生から教わることは重要です。
それは自分の価値観で理解してしまわないようにです。物事は今までの自分の価値観でしか捉えることしかできないので、都合よく捉えてしまう危険があるからです。
ヴェーダーンタとは、人が追い求めるものを教えていますが、それを知り理解していく準備としてヨーガがあります。
幸せのためのステップ、知るための準備としてヨーガをとりいれませんか?

〇ヨガをしたことがなくても、どなたでも、いつからでも知るきっかけとなります。
〇何かが変わることではなく、今までの自分の見方が変わり、関わりも変化していくでしょう。

PAGE TOP