気づき

・ヨガは何のためにしていますか?
・自分の体に合わせた動きを知りたいと思いませんか?
・安定した動きで心地良さはありますか?
ポーズをとるアーサナヨガでは、ポーズに体を合わせた動きを今までしてきたと思います。
ただ、骨格は人それぞれですので、その個性に合わせた動きでなければ、それを続けていくと体に何かしらの違和感や痛みなどが起きてきた経験はあると思います。
やみくもに体を動かしても勢いだけの動きになり、無理な動きだとしてもそれを続ければ、習慣化されてしまいそのクセに気づきにくくなります。
動きの中に、落ち着いた呼吸ができているか、首や肩、全身に緊張がないかなど、自分に確認しながら目で捉えられる世界、いわゆる外側に向きやすい感情やマインドを内側に向ける練習をしていくことは、習慣化されたクセに気づきをもたらします。
その気づきがなければ修正は始まらないです。
ただ体を動かすのではなく、自分のクセや体の個性に気づき、無理をせず自分に合わせた動きの中で集中力を養い、安定した動きの中に心地よさをもたらすようにしていきせんか?

成長

・身体を動かすこと、瞑想がヨーガと思っていませんか?
・アーサナヨガで成長はできるのでしょうか?
・自分の体やマインドのケアだけになっていることに気づいていますか?
成長には、身体の成長と人としての成長があり、身体は年齢とともに成長していきますが、人としての成長はしっかりとステップを踏む必要があります。なぜならマインドは目で捉えられる世界のことに向きがちなので混乱していて、そこをキレイに整えていくには、情緒的成長が必要だからです。人としての成長は、全ての人や周りに対して思いやれること。その自己成長に欠かせないステップとして、ヨーガというライフスタイルがあります。ポーズをとるヨガとは違い、普段どのような心持ちで行うかであり、それが成長を促す手段、方法がヨーガと言われます。
ライフスタイルとしてのヨーガは考えをキレイに整えていくためであり、その自己成長できたマインドに幸せとはどのようなことなのかの理解の準備に繋がります。
アーサナヨガで外側に向きやすいマインドを内側に向け集中力を養い、そして身体のケアだけでなく全てがダルマ(秩序、調和、あるがまま)であることの理解をしていけるマインドを整えるための行いをヨーガとし、目的でもある幸せを知るために始めませんか?

幸せ

・何が幸せだと思いますか?
・自分に自信がない、自分はダメだと思っていませんか?
・自分の本質とは何でしょうか?
だれもが共通の目的は幸せでもある自由を得ることだと思います。
ただ単に綺麗な容姿や恰好、素敵なお家、地位や名誉、お金などを手に入れることが幸せなのでしょうか?成功が幸せでしょうか?何かを手に入れたとしてもそこに満足はありましたか?それは常に変化していくものだからこそ次々と満足を求めてしまいます。その繰り返し。
そこに気づき始めたとしても、何が幸せで満たされているのか、「私」という本質は何なのかは、自分では見る事も知ることもできないですから、教わらないと知り得ません。それを教えているのがヴェーダーンタという教えであり、私の本質、幸せとはどのようなことなのかが教えられています。
一番捉える事ができないことであり、それを知る方法はひとつで知識のみと言われています。
幸せを知るために必要なステップを、アーサナヨガで身体を整え、ヨーガというライフスタイルで自己成長を促しマインドを整え、ヴェーダーンタの教えを聞けるようにしていきませんか?

身体も心も、気づきと成長で、幸せを知る

ヤンララスタジオでは【気づきと成長と幸せ】をコンセプトに、気づきに必要なクラスや勉強会、そして先生達をお招きし、身体を扱うことや生活スタイル、生き方としてのヨーガを知る為に必要なワークショップを提案しています。
いろいろ楽しく体験できるものは沢山ありますが、【気づき】に必要なこと、【成長】のために必要なこと、【幸せ】とはどのようなことなのか学べる場所としてのスタジオを目指しています。
体を扱うヨガで健やかに、集中力を養い、ライフスタイルのヨーガで精神的な成長を養い、幸せを知るため、理解していくため、いつからでもどなたでも始められるライフスタイルを始めませんか?それは今までの捉え方や見方が変わり、今後のライフスタイルは輝いていけるでしょう。

NEWS

BLOG

  1. サンスクリット語に親しむ練習会2
  2. サンスクリット語読み書き練習会
  3. 自己成長のステップの2日間を終えて
  4. 早朝という時間の利用
  5. バガヴァッド ギータ―10章
  6. 自己成長するためのステップを学ぶ2日間/Drsti Ai
  7. 当たり前なこと
  8. 気づくことはいろいろ
  9. 成長させてくれるもの
  10. ホームページリニューアル
PAGE TOP